ビスフォスフォネート関連顎骨壊死の臨床病態とわが国における発生状況

兵庫医科大学歯科口腔外科学講座・主任教授  浦出 雅裕

ビスフォスフォネート(BP)は、悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症
および多発性骨髄腫、乳癌、前立腺癌などの溶骨性骨転移、
骨粗鬆症の治療薬として有用性の高い薬剤です。
しかし、その副作用として顎骨壊死 (BRONJ) が起こることが
2003年に米国で初めて報告されて以来、欧米ではすでに2,500以上の症例が集積されています。
その多くは悪性腫瘍に対する注射薬によるものですが、
最近では骨粗鬆症に対する経口薬での症例も増加しつつあります。
本講演では、BRONJの臨床病態とわが国におけるBRONJの発生状況、
欧米で提唱されている予防と治療のガイドラインについて述べます。

BRONJの症状は、痛みを伴う持続的な骨露出、顎が重い感じやしびれ感、
歯肉の腫脹や排膿、歯の動揺などですが、痛みを伴わず無症状のこともあります。
進行すると痛みや感染が増悪し、病的骨折をおこしたり、皮膚ろう孔を形成します。
抜歯や歯周治療などを契機として発症することが多く、下顎骨に2/3、上顎骨に1/3の割合で発生します。
発生頻度については、注射薬で0.8〜12%、
経口薬で10万件に1件程度あるいは0.01〜0.04%と報告され、
頻度は高くないものの標準的な歯科治療には反応せず難治性であることが問題です。
わが国においてもこれまでにすでに250例以上のBRONJ症例が登録されていますが、
欧米でのBRONJに占める注射薬と経口薬の比率が94%対5%程度であるのに対し、
わが国では経口薬の占める割合が約40%と高くなっています。
現時点ではBRONJに対する有効な治療法は確立されておらず、
欧米のガイドラインでは基本的に口腔内清掃と抗菌性洗口液による洗浄、抗菌薬投与、疼痛管理、
限られた範囲での壊死組織の除去などの保存的療法が推奨されています。
したがって、BP製剤投与に際しては、BRONJ発症を予防するために、
あるいは発症した場合の適切な治療のために、BP処方医、歯科医 / 口腔外科医、薬剤師の間で、
綿密な情報交換(医療連携)を行うことが重要です。
そのうえで、患者には歯科処置に伴うBRONJ発症の可能性について十分に
インフォームドコンセントを行い、治療にあたることが現時点で最良の方法と考えられます。

浦出 雅裕略歴

昭和47年3月 大阪大学歯学部卒業
  51年3月 大阪大学大学院歯学研究科修了
        大阪大学歯学博士学位受領

  53年3月 米国テンプル大学医学部およびハーネマン医科大学微生
        物学・免疫学講座博士研究員
  55年5月 大阪大学歯学部助手(口腔外科学第1講座)
  61年1月 大阪大学歯学部講師
平成3年10月 大阪大学歯学部助教授
  3年11月 兵庫医科大学助教授(歯科口腔外科学講座)
  8年 8月 兵庫医科大学主任教授
      診療部長
(社)日本口腔外科学会専門医・指導医
(社)日本口腔外科学会理事・評議員
   日本口腔感染症学会理事長・評議員 など
   専門は口腔外科、とくに口腔癌治療

 

inserted by FC2 system